高発生率!駐車場で当て逃げされた場合の保険対応について

駐車場にマイカーを止めておいたときに、乗ろうと戻ってきたら、当て逃げで車に傷をつけられていたとか、へこみができていたという経験は、誰にとっても面白くないものです。

 

しかも、月極であろうと、スーパーのものであろうと、「責任は一切負いません」というガードがあるので、そこに賠償を求めるわけにも行きません。

 

では、こうした場合、どうしたらいいかということですが、まずは落ち着いて、すぐに警察へ連絡することです。

 

後日、当て逃げ犯人が捕まることもあります。捕まれば、相手方の「対物賠償」で賠償してもらうことも可能になります。相手が捕まらないということなれば、自分が加入している任意の「車両」で賄うということになります。

 

このとき、警察に被害届を出しておかないと、「車両」に加入していてもお金を受け取れないということになる危険性もあります。

 

会社によっては、特別の理由書などで対応してくれるところもありますが、すぐに警察へ届け出ておいた方がいいのです。あまり遅くなると、警察も受け付けてくれないこともあるので注意が必要です。

 

注意が必要なのは、保険料アップ

 

自分が加入していたもので賄えるといっても、問題は残ります。通常であれば、損害金額はすべて満たされますが、翌年からの保険料金がアップしてしまうのです。

 

普通で言えば等級が3つも悪くなります。そしてその分支払う金額が増えてしまうということになります。

 

今、自分が何等級かということや掛けている金額によっても異なりますが、極く一般的な計算では3年間で7万円前後、支払う金額が増えることになります。そうなると、修理代が7万円以上かかるケースでないと損をするということとなります。

 

つまり、軽微な事故であれば、保険を使わないという方が有利だということになります。この点は、保険会社に確認すると親切に教えてくれるところもあります。

 

その結果、保険を適用しないで、自費で修理をする方が得だという結論が出ることもあるわけです。
結びに、車両保険については、免責額を設定しておくと、その分保険料が少なくて済むので、それも考えて保険設定するのいいのです。

 

 

当て逃げにもオトクな自動車保険はこれ!