当て逃げによる保険まるわかりガイド

駐車場や車の走行中に追突されて当て逃げなど被害に合った方はいらっしゃると思います。

 

この時、駐車場で比較的軽微だった場合、あきらめる方もいますが、きちんと警察に被害届を出しましょう。

 

コンビニや駐車場などで設置してあるビデオがある場合、店のオーナーに事情を説明すれば事故の状況ももわかりやすいですし、相手に補償してもらえる可能性も高くなります。

 

当て逃げは警察に届けるのは必須

 

また警察による事故証明を取らないと保険金がおりなくなってしまいます。相手も軽微だった場合、故意ではなく気づいていない可能性もあります。

 

逃げたわけでなく気づいていない場合はきちんと説明し、被害状況を証明することができれば被害の補償をするという人は必ずいます。

 

加害者が任意保険に加入していなくても自分が車両保険に入っている場合、保険料で修理費用がおります。特約というオプションですがこれをつけておくと確かに保険料は高くなってしまいますが、自分で負担するよりはるかに安い値段です。

 

また新車特約と言って3年以内に全損し新車を購入した場合、その新車の代金がおりるケースもあります。

 

保険会社によっても扱いは違ってきます

 

車両保険の無過失事故による特約がついていない保険ですとその次の更新時に等級が3等級ダウンしてしまいますが、これが無過失事故による特約が付いていた場合、事故がなかったものとして等級も一等級すすめることができます。

 

最近では外国人による交通事故が増えています。また労働人口も外国人の割合はこれから増えていく傾向にありますから、相手が車両保険に入っていない場合の事を踏まえた保険に入っておくべきでしょう。

 

また被害を減らすためにもドライブレコーダーによる録画も有効です。こちらは盗難の予防も考えておくべきでしょう。

 

エンジンを停止してしまうと録画ができないという機種もありますがオプションで常時電源コードを購入しておくと録画をしてくれるものがあります。

 

 

当て逃げで車両保険は使うべきなの?!