等級によっては損?当て逃げによる保険について

車に当て逃げをされて被害を受けた場合、当て逃げによる被害の大きさに問わず警察への連絡が必須です。

 

多少ならばいいのではないかと思う人が意外と多くいますが、警察に対して被害届を出すことが保険金受け取りの条件であることがほとんどで、被害届を出さないと自動車保険が下りないことになってしまいます。

 

そのため、当て逃げされた場合には警察に必ず届けるということが大切です。

 

自動車保険に加入していても当て逃げは補償されない!?

 

ただ、自動車保険に入っていても当て逃げによる被害が補償されない場合があります。

 

こうした保険には一般型、エコノミー型というのがあり、仮にエコノミー型だった場合には当て逃げの被害を補償してもらうということができなくなります。

 

また、一般型の自動車保険の場合でも、修理代を請求した場合、等級が3つ落ちることになり、翌年からの保険料が上がってしまうことになり、損をすることになります。等級は1年につき1つしか上がらず、等級が元通りになるのに3年かかります。そのため、使わないという選択肢も出てきます。

 

自動車保険を使うべきかどうか

 

使うか、それとも使わないかを分けるポイントとして、被害額があります。例えば、被害が大したことがない場合にはあえて使わないということを選択しても問題ありません。

 

等級が落ちてから3年間は余分にお金を払うことになります。1年あたり2万円多く払うとすれば、3年間で6万円かかります。

 

つまり、6万円より安い出費で済むのであれば、下手に等級を落とすよりも長い目で見れば得になります。10万円や20万円もかかるような被害を受けた場合には保険を使った方が安上がりです。

 

当て逃げ犯が捕まった場合、自動車保険を使わなかった場合、その請求を犯人にすることが可能です。これは損害を受けてその補償がされていないという観点によるもので、使った後だと補償はなされたと見なされ、損害賠償を請求することはできません。

 

損害額などを十分に見極めたうえで、使うのかそれとも使わないのかを判断することになります。

 

 

当て逃げで車両保険は使うべきなの?!