当て逃げによる保険の等級について徹底解説

車を運転していれば、いつどのような形で事故に遭遇するかわかりません。慎重に運転をしていても、誰かの不注意でもらい事故になる可能性もあります。
だからこそ、万が一の時に損害をカバーしてくれる自動車保険は重要です。

 

等級によって変わる保険料

 

より手厚い補償を求めるのであれば、任意保険にも加入しておくべきですが、支払う保険料は無事故でいることで上がっていく等級によって決定します。

 

等級が上がれば、それだけ安全な運転をしているということで保険料が安くなっていきます。

 

等級は1年間無事故であれば1つ上がるということになり、最高は20等級です。

 

保険料が上がってしまう過失割合等級

 

ここで注意しなければいけないのは、事故が起きて修理代のために保険を使うと、過失割合等級が下がってしまうという仕組みです。

 

もちろん、相手に過失があれば、相手が弁償をするので、等級は下がる心配はないのですが、それが出来ないといにはどうなるのかということです。

 

完全に被害者である当て逃げ事故が起きた場合、過失は逃げた相手にあるとしてもどこにいるのかわからないのであれば、相手に弁償させることはできません。

 

しかし、被害にあった車をそのままにしておくことはできませんから、修理が必要です。そのときに、自分の保険は使えるのですが、使えば等級が下がってしまいます。

 

では、どのくらい下がるのかというと、大抵の場合では3等級も下がってしまいます。

 

これは再び同じ水準に戻るためには3年も要するということです。

 

長期的にみてお得になるほうを選定する

 

保険料の上昇分ともらえるお金とを比較して、損失が大きいようであれば、修理費は負担が大きいですが自分のお金を使って行うほうが良くなります。

 

一般的に自己負担をするべきか、という目安は10万円くらいだとされています。

 

被害者がこのようにお金のことで悩むのは理不尽かもしれませんが、この問題は感情論で解決することではないので、厳密に数字で考えるようにしましょう。

 

なお、保険を使用していなければ、後日当て逃げの相手が見つかったときに損害賠償請求が可能となります。

 

 

当て逃げにもオトクな自動車保険はこれ!