先ずは冷静に!当て逃げに遭ってからの流れを知る

この機会に自動車保険を見直して保険料を安くしたい方はコチラから。

 

大事な車に当て逃げされるとショックが大きいものですが、まずは落ち着いて対応しましょう。
当て逃げ被害者になった時の流れを頭にいれておくと、いざというときでもパニックにならず正しい行動をとることができます。

 

運転中の接触事故の場合、現場で安全を確保できる場所にいったん停車し、すみやかに警察に通報してください。

犯人の車両のナンバーや車種、車体の色などできるだけ覚えておきましょう。

ドライブレコーダーや街中の防犯カメラの映像、接触によって剥がれた塗膜やライトの破片といった証拠を集めて警察が調書を取ります。

 

\5分で一番安い自動車保険料を探してみる/

当て逃げを補償してくれる自動車保険を探す

 

 

もっとも、当て逃げ被害に遭いやすいのは運転中よりももっぱら駐車中です。

 

駐車中の当て逃げの場合もやはり警察を呼んで現場検証をしますが、犯人車両の特定については目撃者か駐車場の防犯カメラ頼みになります。

 

駐車中の監視機能があるドライブレコーダーを搭載しておくと安心です。

 

検挙率が高いひき逃げに比べて、物損事故の当て逃げ犯が捕まる確率は低く、ほとんどの場合は被害者の自己負担か加入している車両保険で車を修理することになります。

 

車両保険に入っていれば保険金で修理できますので、保険会社の担当者に連絡しましょう。

 

ただし事故証明がないと保険金は下りません。被害届の際にかならず警察から事故証明を貰っておいてください。

当て逃げされたら警察を呼んで事故証明を得よう

 

もし当て逃げをされた場合には警察に連絡すれば事故証明を取得することができます。

 

事故証明とは?

この事故証明は警察が現場を調査した結果、当て逃げによる事故があったことを公的に証明するもので、当て逃げ犯が見つかって訴訟沙汰になったときや保険金申請の際に必要になるので必ず取得しましょう。

 

 

事故証明は各地にある自動車安全運転センターにて受け取ることができ、窓口申請・郵送申請・オンライン申請の3通りの申し込み方法があります。

 

但し、人身事故の場合は発生から5年以内当て逃げなどの物損事故の場合には発生から3年以内のものでなければ受け付けていません。

 

 

窓口での申し込みは当て逃げの加害者・被害者・代理人が行うことができ、警察からの事故資料が届き次第発行をすることができます。届いていない場合は希望する宛先へと郵送をしてもらうことができます。

 

郵送での申し込みに必要な申請用紙は自動車安全運転センター・警察署・交番などで受け取ることができます。
オンラインでの申し込みには自動車安全運転センターのホームページから行うことができます。

 

しかし、事故当時者本人でなければ申請はできません。
またいずれの方法でも一律で手数料として540円が必要となります。

 

事故証明は当て逃げに関わらず事故であればその後の対応をするためには必ず必要になるものです。

当て逃げによる保険手続きについて解説

 

 

車が当て逃げされて修理が必要になったとき、車両保険に入っていれば保険金で修理費を捻出することができます。

 

ただし、保険を使うと等級が3つ下がるため月々の保険料が値上がりしてしまい、自腹で直した方が結果的に得なケースもあります。まずは保険会社に連絡して、請求手続きをする前に修理業者から見積もりを取ったうえで試算を出してもらいましょう。

 

このとき付帯サービスによるレッカー車や代車の手配を利用したいときは申し出てください。

 

当て逃げであっても保険請求の手続きには警察が発行した事故証明書が必ず必要になります。

 

 

どんな被害状況にせよ警察への被害届は必須です。

捜査の結果犯人が捕まることもありますし、目撃者がいない駐車場での当て逃げでも諦めないで警察にきちんと届けてください。

 

 

 

 

また事故の直後に事故車両の写真を証拠として撮影しておきましょう。

 

保険金請求書、修理の見積書、事故証明書、事故車両の写真、これらが提出するべき基本的な書類一式となります。

 

 

無事に修理が終わって納車されるまでの間、保険会社が事故現場や状況を検証したり、修理業者とコンタクトを取り最終的な損害額を決定します。

 

保険会社は、この最終的な損害額を契約者に伝えた後、保険契約者本人もしくは修理業者へ直接支払います。

 

 

当て逃げにもオトクな自動車保険はこれ!

 

ソニー損保の自動車保険
ソニー損保の自動車保険なら保険料を抑えられる!

・ダイレクト型なので保険料が安い
走った分だけの保険料!
・充実したロードサービス
・ダイレクト自動車保険売り上げナンバーワン!
・保険料過払いがあった場合は来年度に充当!

走行距離による保険料区分 ネット割引 評価
あり 新規8000円・継続2000円 当て逃げ,保険

ソニー損保の自動車保険はダイレクト型の自動車保険なので保険料が安いです!

 

しかも「走行距離に応じた保険料」の仕組みが充実しているので、車を使う頻度が少ない方にとってはかなり保険料が下がる可能性があります。
実際に自動車保険を販売をスタートしてから長くシェア1位の座を維持しています。

 

 

保険料は車両価格や年齢など状況で大きく変わります!

自動車保険は、車両価格や年齢さらに過去の事故歴、等級などによって大幅に変わってきます。

 

つまり、詳細な条件を指定して自分にとって一番安くて補償が充実した自動車保険を見つける必要があるんです!

 

>>ソニー損保の自動車保険を含んで一括見積もりはコチラから!<<

 

自動車保険は見直しで安くなります!

見積もりを取ってみたら、現在の保険料よりも安かった!という方が多数います。
安くなった金額の平均は、なんと約25,000円!!
中には、50,000円以上安くなったという人もいるんです!

 

保険スクエアbang! 自動車保険なら、たった3分の入力で自動車保険の見積もり依頼ができます。

 

自動車保険の見積もり 今すぐ見積もりしてみる【無料】

 

 

【一括見積もりできる保険会社】

 

もっ、もしかしたら車売ったほうがいいのかも・・・高く売りたいなら【無料】一括査定

各社が買取り強化中!下取りよりも平均で16万円も高く売れた!という声が続出しています。
入力後に愛車を高く買取る会社がすぐに見つかります。

 

自動車保険の見積もり 今すぐ一括査定してみる【無料】

 

 

実際の査定額を公開!
自動車保険の見積もり

 

車を売るときにちょっとの手間を惜しまないだけで10万円以上差がでるんです!
高く売るために必要なサイト「かんたん車査定ガイド」
http://a-satei.com/

 

当て逃げによる保険会社の被害調査について知る

 

保険会社の調査や被害の状況へ気を配ってくれます。

 

当て逃げは被害者のほうへ精神的な苦痛を与える傾向もあるため、問い合わせの数が増える場合は慎重に判断を行う姿勢でのぞんでくれます。

 

ビジネスの際に起こした事故は損害賠償への動向が鍵となり、両方の言い分をきちんと聞く機会を設けることも考慮してくれます。

 

保険会社は、これからの動向を踏まえ、両者にとって最もよい解決策を検証することに尽力してくれます。

 

 

賠償額の基準は50万程度とされており、示談が成立する場合はより今後の補償が重要になります。

 

日ごろ調査を行っている保険会社は、過去に似たケースがあればその事例を基準に賠償金や保険金を算出するため、詳細がはっきりするまでは当事者の意向をくんで処理してくれます。

 

当て逃げの発生数は都市部の方では2日に1件起こっている計算になるので、交通事故を防ぐ意識を持ちながら十分注意をしていくことが大事です。

当て逃げ被害に多い車の修理費用と保険のカバーを探る

 

運転していて当て逃げに遭遇した場合は、その場の状況をきちんと確認しておくことが大切。

 

修理にかかる費用を相手に支払ってもらう展開が理想的な状況となるため、当て逃げに関連した情報をできる限り集めておくことが重要です。

 

証拠になる映像を残すには、あらかじめドライブレコーダーを設置しておくことが大切であるため、サイドミラーやドア付近でのやりとりを保険会社に見せたいならば今すぐに用意しておく部分が賢明です。

 

当て逃げによる被害は具体的な対策法を知っておくことが大事ですが、自動車保険のプロにアドバイスをもらう内容を採用させれば、保険内で支払いが適用される条件も生まれていきます。

 

 

商用車であれば企業の保険制度が大きく関与していくので、修理全般どれくらいかかっていくかを見ておく状態が必要です。

 

自動車を運転するときは交通事故はもちろん、相手の立場になって気を配ることが大事になってきます。

 

停車後のドアの擦れに注意しながら、安全運転を心がけていく意識が必要です。

 

当て逃げの過去の件数を検証することにより、被害の総数を減らしていける環境が出ていきます。
ひとりひとりの意識が今後の交通事情に関係していきます。

当て逃げによる怪我での通院と保険について解説

 

交通事故の中にはすぐに加害者を特定することができない事故として当て逃げがあるのですが、当て逃げをされて怪我をしてしまった場合は通院や車にトラブルが起きた場合の保険に関してはどのようになっているのでしょうか。

 

まず当て逃げをされた場合はすぐに加害者を特定する必要があり、特定することができた場合は通院にかかった費用や車の修理代金などの補償を相手の保険から受け取ることができるようになっています。

 

なのでまずは加害者を特定することが重要となっているのですが、万が一加害者を特定することができなかったと言う場合は自分の車両保険を利用して怪我の通院をしたり車の修理を行う必要があるとされています。

 

一般的な車両保険には当て逃げに対する補償がついているので、そちらを利用することで自腹で負担する必要はなくなります。

 

 

ですがもしも保険に加入していなかったり加入している保険が当て逃げを補償していなかった場合は
自腹で支払うか、国が設けている「政府保障事業制度」を利用することができます。

 

政府保障事業制度は申請することによって自賠責保険を利用したときと同水準の補償を受けることが出来るようになっているというメリットがあり、受け取れる金額は限定されていますが救済措置として利用することがおすすめされています。

もしも当て逃げされて保険に入っていなかったら、、、

 

もしも車に乗っていて当て逃げされてしまった場合、相手を特定することができれば相手の保険で車の修理をすることができます。

 

ですがほとんどの場合は当て逃げした犯人を特定するまでに時間がかかってしまうので相手の保険を利用するということができないケースが多く、基本的には自分たちの保険で車の修理をすることになります。

 

この時保険に入ってない場合は、保険なしの自腹で修理をしなければいけないということになっています。

 

と言うのも一般的な車両保険に加入している場合は当て逃げに対してのサポートもしっかりしているので修理の際に利用することができるようになっているのですが、入ってない場合はそれを保障してくれるものがどこにもないので自腹で修理をするしかありません。

 

また保険に加入していると言っても全ての種類で補償してくれると言うわけではなく、内容によっては当て逃げが補償されていないものもあるのでそちらの場合も自腹での修理になってしまいます。

 

このような状態を回避するためにも加入する場合は当て逃げを補償しているのかどうかと言うところを事前に把握しておく必要がありますし、オプションの中から選べる場合はしっかり当て逃げの補償も利用しておくことがおすすめです。

 

当て逃げの法的な罰則にせまる

物損事故を起こしながら事故現場から逃げてしまう当て逃げ、犯罪行為ではありますが、スーパーの駐車所やコインパーキング・路上など、自分がちょっと車を離れたすきに当て逃げ被害に合っていたと気づくケースは意外に多いものです。

 

相手が逃げてしまっている以上、どんな人がどんな風に事故を起こしたのか分からず、相手を見つけだすのも難しいと言えます。

 

行政処分と道交法上の刑事処分について

当て逃げをした場合、行政処分と刑事処分があり、行政処分では安全運転義務違反2点と危険防止等措置義務違反5点が加算されます。

 

刑事処分では、道路交通法(117条5第1号,72条1項前段)により、1年以下の懲役または10万円以下の罰金となります。この場合、初犯であれば罰金刑で済む場合が殆どです。

 

実際の所、このような処分制度があったとしても、当て逃げ犯人を捕まえるのは難しいというのが現状です。それが、死亡ひき逃げ事件であれば、警察も人員と時間をかけ犯人逮捕に尽力しますので検挙率は90%を超えていますが、物損事故となると検挙率に関するデータはなく、警察の結局的な捜査は期待できません。

 

民法上の責任とは?

民事責任も当然あり、損害賠償責任が問われます。当て逃げの加害者が見つかれば、相手が加入してる自動車保険の対物賠償責任保険の対象ですので、保険会社によって修理費用などが支払われることになります。

 

しかし、当て逃げ相手が見つからなければ、車に修理にかかる費用は自己負担となります。車両保険に加入していれば、補償の対象ですので自分の自動車保険を使う事は出来ます。

 

しかし、自動車保険を使うと、翌年から等級が下がりますので保険料の支払いが増える事になってしまいます。3年間の保険料の増加分と、修理代金を比べてかかる費用の少ないほうを選択するしかありませんが、修理代が10円以内であれば自動車保険を利用しないほうが得と言えそうです。

 

当て逃げの加害者から損害賠償を求める

運転中にガードレールにぶつけてしまう単独事故や歩行者を引いてしまう人身事故などを起こして加害者になってしまう事がありますが、時には当て逃げをされるなど被害者になってしまう可能性もあります。

 

当て逃げされた時に大きな怪我をしてしまう可能性もあるので被害にあった時はしっかり対応しなければいけません。そこで当て逃げされた時の対応の仕方を見ていく事にしましょう。

 

加害者の保険会社に連絡

運転中に当て逃げの被害にあった時はまず加害者の車のナンバーを確認する事が大切になってきます。

 

しかし当て逃げは一瞬の出来事でもあるので車のナンバーまで確認するのはなかなか難しいでしょう。加害者の車のナンバーが確認出来なかったら警察に連絡をしましょう。警察に連絡をすれば当て逃げの捜査もしてくれますし事故証明書を発行する事も出来ます。

 

事故証明書は単独事故や人身事故だけではなく当て逃げの時も発行してくれて加害者との交渉でも事故の証明をする事が出来ます。それで警察が加害者を突き止めたら加害者の保険会社にも連絡をしましょう。

 

もしも身体の異常が生じたら診断書を持って警察へ

当て逃げされた時はその日は何ともなくても数日経過すると体に異常が出てくる事もよくあります。特に首を強く打ってムチ打ちの症状が出てしまうと病院に通って治療をしなければいけないので治療費がかかってしまいます。

 

そんな時は病院で診断書を書いてもらって警察に持っていくようにしましょう。。警察に診断書を持っていくと事故による体の異常と証明されるので相手に治療費を請求する事が出来るます。それで加害者に保険を利用してもらって治療費を負担してもらえば自己負担をする必要がなくなります。

 

もしも保険利用後に当て逃げ犯が見つかったら?

車の運転をしていれば、どんなに注意していても事故の可能性は全くないとは言えません。時には車同士の事故でも、相手が逃げてしまう可能もあります。
そんな時は、相手の車のナンバーを確認し控えておけば、陸運局などで車の持ち主を割り出すことは可能です。

 

しかし、駐車場などで、自分の知らないうちに傷がついていた場合などの当て逃げについては、加害者を見つけだすのは難しいと言えるでしょう。当て逃げに合ったら、警察へ連絡しておくことは大切です。

 

被害が大きければ警察の捜査で犯人が見つかる事も有りますし、稀ですが警察に当て逃げ犯が出頭する場合もあります。車の修理に自分の自動車保険を使う場合、事故証明書がないと保険金が支払われない場合もあるので、傷の大小にかかわらず、警察への連絡はしておきましょう。

 

加害者が見つからない場合は自己負担で車を修理するしかありません。また、車両保険に加入していれば、保険で車を直すことが可能ですが、当然車両保険を使うと等級が下がりますので、翌年からの保険料が上がる事を考慮する事が必要でしょう。

 

無事に修理が終わり車が戻ってきた後に当て逃げ犯が見つかった場合はどうでしょうか。

 

保険を使わずに修理費を自己負担した場合には、修理など損害賠償を請求する事が出来ますが、車両保険を使って修理した場合は、「保険によって損害は回復した」とみなされ相手に請求することは出来ません。残念ながら、保険金が戻る事も下がった等級が回復する事もないのです。

当て逃げで車両保険は使うべき?!

日常の中で車に当てられてしまうことは割と見かける光景かと思います。しかし、当て逃げとなると話は別。悪いのに逃げるとは卑劣な行為ですし、受けた方も腹立たしい気持ちになってしまいます。

 

警察に届けるなど最低限のことはした上で、自分の愛車にかけていた保険が使えるのかどうか確認をしましょう。

 

当て逃げで保険を使うと等級ダウン!

保険入っていたから良かった、早速使おうとする前に気を付けなければならないことがあります。

 

自動車保険は事故の種類によって等級ダウンというペナルティーが課されます。車両保険を使う事故、相手がいる事故は基本的に3等級ダウンになると思ってください。

 

つまり当て逃げのケースだと保険を使って車を直した場合、等級が3つ下がってしまい保険料が上がってしまいます。修理の度合いによっては保険を使わず実費で直してしまった方がいい場合もあるのです。

 

サイドミラーやバンパーなどの軽いコスリキズなどは保険を使わないほうがいいケースもあります。目安としては修理費用が10万円を大幅に超えるようであれば保険利用も視野に入れて良いと思います。
10万円前後であれば腹立たしいのはわかりますが、保険は使わず実費で解決してしまった方が安く済みます。

 

一般車両保険には免責を設定すべし

もし、保険を使うかどうか考える場合、修理額ともう一つ確認しておかなければならないことがあります。それは免責額がいくらかということです。

 

免責とは保険会社の免責なので要は自己負担分ということです。免責5万-10万となっていると一回目は5万円が自己負担、二回目は10万円が自己負担ということになります。

 

自分は悪くないのに保険料は上がるし自己負担しないといけなくなるわで踏んだり蹴ったりになってしまいますがそうなってしまったら背に腹は代えられません。

 

保険料を安くするためにはあらかじめ免責金額は設定しておいた方がいいです。

 

というのも、10万円超えないと保険使わないとなるのであればそれ以下の修理に関しては実費でやるということになります。

 

なら、その金額までは自己負担するつもりで免責額を設定していた方がいいと言えます。

 

結論としては、当て逃げはまず警察!で、修理代と保険を使用するのと金額を比較。
免責は設定して普段から保険料を抑えるようにしましょう。